冠婚葬祭 ネクタイ関連情報

ネクタイの結び方もポイント

冠婚葬祭時の男性の服装にはブラックスーツが多く、華やかな結婚式などでは周りと差を付けるためにネクタイの色や素材以外にも結び方で手軽に差を付けることができます。
黒一色となる葬祭時にも利用できるのがプレーンノットと呼ばれるベーシックな結び方で、細めから太め幅のネクタイに利用できるなど、応用範囲も広い魅力があります。
さらに二重に重なるノットが特徴となるのがダブルノットで、大剣を二重に巻くことで結び目に適度なボリュームが出るため、上品に首周りを仕上げたいシーンに適しています。
さらにウインザーノットは、改まった席で用いりたいネクタイ結びで、難易度が高い分、イタリアンカラーやワイドカラーのシャツと相性が良く、華やかな挙式に適していますし、その他、凝った結び目となるのがノンノットを挙げることができます。
色や素材、結び方、さらにタイピンの選び方1つで冠婚葬祭、様々なシーンにぴったりの装い方や印象を与えることが簡単に行えます。