冠婚葬祭 ネクタイ関連情報

披露宴に出席する場合のネクタイの色選び

冠婚葬祭で男性が必ず身に付けるネクタイは、その色にも配慮していかなければいけません。
葬儀には黒が当然ですが、お祝い事の披露宴となるとその色に悩む人も多いのではないでしょうか。
昔は披露宴でのネクタイの色は、光沢のある白というのが主流でした。
しかし、最近は若い人にこの雰囲気が敬遠されるようになり、白以外の明るい色が好まれるようになってきたのです。
もちろん、白でも問題ありませんが、今は中高年世代に限ったような色となってきました。
それでは、白以外ではどんな色があるのかと言えば、落ち着いた青や赤などの色があります。
落ち着いた色なので派手ではありませんが、光沢があることがお祝い事らしい雰囲気にしてくれます。
明るい色のグレーなども良く、柄が入っているものも似合う場合があります。
ただし、あまりにも派手すぎる柄は目上の世代には好ましく思われないかもしれないので、落ち着いた柄、もしくは無地であることが無難だと言えるでしょう。
それでもネクタイ選びに困った場合は、店頭のスタッフにアドバイスを受けてもらうこともできるので、第3者に反応を見てもらうこともいいかもしれません。